サービストップに戻る

マルチデバイス設計

ユーザー分析に基づいたマルチデバイス対応の設計をご提供します。

マルチデバイス設計サービスの特徴

マルチデバイス設計

マルチデバイス対応の最適な手法を選定

スマートフォン、タブレットなどPC以外のデバイスでも見やすいサイトを用意するにはいくつか方法があります。1つのHTMLソースで各デバイスに適した表示を行うレスポンシブデザインという方法のほか、CMSを用いてデバイスを判定し表示させる方法、デバイスごとの最適表示ができる個別サイトを制作する方法などです。それぞれメリット・デメリットがあるため、お客様のご要望をお聞きし、最適な方法を選定させていただきます。

各デバイスでの使用を考慮したインターフェースを設計

同じ情報を掲載しているWebサイトであっても、閲覧するタイミングや目的などによって最適なユーザーインターフェースは異なります。アリウープは長年の経験と、得意のユーザー分析を武器に、どのようなデバイスでもストレスなく使用できるユーザーインターフェースを設計いたします。

モバイルファーストインデックスへの対応

2018年から適用されたモバイルファーストインデックスにも最適化されたサイト制作を行います。適切なURL生成や重複コンテンツ対策、ページ表示速度の高速化を行うことで、Googleから正しく評価され、適切に検索結果表示されるサイトを構築します。
また、サイトによってはAMP(Accelerated Mobile Pages)やPWA(Progressive Web Apps)による実装を行い、ページの高速表示やユーザー体験向上を図ります。

アリウープのこだわり

ユーザー分析に基づいた
レスポンシブ設計

WebサイトをPCで見るときと、スマートフォンで見るときとでは、時間や場所はもちろん、目的や心理状態なども異なることが多くあります。ユーザー視点にこだわるアリウープでは、ユーザーのサイト閲覧シチュエーションを想定し、そこから最適な設計をおこないます。

ユーザーと検索エンジン双方に
優しいサイト設計

モバイル端末でサイトを閲覧するユーザーと、そのサイトをクローリングして評価する検索エンジン、双方に対してフレンドリーな設計と実装を行うことで、各デバイスにおいて高い品質のサイトを設計します。

マルチデバイス設計に関する
よくあるご質問