代表あいさつ

代表取締役 河野 吉雄
代表取締役
河野 吉雄
  • ・WACA 上級ウェブ解析士
  • ・GAIQホルダー
  • ・中小企業基盤整備機構
  • ・販路開拓支援アドバイザー

1976年生まれ。Web制作会社で執行役員として約9年間勤務後、2011年に株式会社アリウープを設立。

Webマーケティングを通じて顧客価値の向上を実現し、
社会貢献と業界発展に貢献する

顧客ファーストではなく、顧客“課題”ファースト企業へ

かつて企業のWebサイトは広報ツールとしての側面が大きく、制作会社はお客様のご要望を叶え、綺麗で使いやすく、多くの人に見られるサイトをつくることを重視していました。しかし近年、ビジネスを推進する上で、あるいは社会に貢献していく上で、Webサイトの存在感は飛躍的に高まっています。企業にとってのWebサイトは、自社の経営課題を解決するための重要な資産になっているのです。

そのような時代の中でWebに携わる企業に求められるのは「Webサイトをつくる」ことではなく、「Webサイトの価値を向上し、顧客の企業価値最大化を実現する」ことです。したがってアリウープでは、顧客の要望通りのWebサイトを制作するのではなく、Webにおけるマーケティング活動を支援して確実な「成果」の提供を最重要ミッションと考えています。だから私たちは、お客様のご要望が成果につながらないと判断した場合にはそれを否定することがあります。顧客“課題”ファーストの企業だからです。

そして、そのような姿勢で仕事に取り組んでお客様の企業価値向上を実現していけば、お客様のビジネスを通じて我々も社会課題の解決に貢献できるのです。

課題が多様化するからこそ、多様な手法で最適解を導き出す

アリウープのスタッフは皆、Webに関する高い知識やスキルを有し、日々磨き続けています。しかし、それだけでは企業の資産価値向上の実現は成しえません。お客様の社風や文化、体質、意思決定のルールなどを踏まえた上で最適な形で進行できるコミュニケーション能力や、プロジェクトメンバーを束ねるマネジメント能力も不可欠です。

また、企業の課題は画一的なものではありません。むしろWebのインフラ化が進む時代にあって、サイト改善だけで課題が解決されるケースは少なくなってきているとさえ言えるでしょう。つまり真の意味で課題を解決するには、特定の手法やツールに依存せず、数多の方法論や選択肢から最適解を導き出せるか否かが鍵になるのです。

そこで我々の強みの1つが、200社近いパートナーと連携していることです。デザインやコーディングといった基本的なスキルはもちろんのこと、コンテンツ制作やSEO対策、Web広告、システム開発など、Webにまつわるあらゆる領域で高い能力を発揮してくれるパートナーばかりです。お客様の課題や特性に応じて、数多のパートナーの中から最適なプレイヤーを選抜してプロジェクトチームを結成し、持ち前のコミュニケーション能力とマネジメント能力を活かして確実な成果の提供をお約束いたします。

提供価値を追求し、業界全体の発展にも貢献する

逆の言い方をすれば、顧客の企業価値最大化、社会課題の解決というミッションは、アリウープ一社だけで実現できるものではなく、パートナーの力が不可欠です。そこで我々はWeb業界全体の活性化にも貢献したいという思いを強く持っています。

Webサイトの社会的価値の高まりとともに、業界内で働く人々には高度な能力が求められ、大きなやりがいも得られる職業だと思っています。その一方で、ワークライフバランスが取れないから、正当な対価が得られないからといった理由で、この業界を去っていく人の話もよく耳にします。ネガティブな理由で人材がWebから離れていってしまうのは業界全体で見て大きな損失ですし、その原因を改善しないことは、自分たち自身の首を絞める行為だと言えます。

なればこそアリウープは、高いレベルで顧客、そして世の中にコミットし、良質な価値を生み出しいていくことを誓います。自らの提供価値を追求していけば、Web業界全体の発展にもつながっていくはずだと、私たちは信じているのです。

株式会社アリウープ 代表取締役
河野 吉雄