Blogブログ

ブログ
一覧へ戻る

Googleアナリティクス導入時に必ずやるべき3つの設定

無料で高機能なアクセス解析ツールのGoogleアナリティクス。

Googleアナリティクスを初めて導入した人に多いのですが、とりあえず解析タグを全ページに挿入し、レポート画面で数値が記録されているのを見て「これでOK」と画面を閉じてしまう人。

普段の仕事でもこういったケースによく遭遇しますが、これが非常にもったいない!
テスト環境や社内従業員からのアクセスを除外していなかったり、コンバージョン計測の設定をしていなかったりで、いざ本格的に分析や効果測定を行おうとしても、正しい数値が計測できていないので、もう一度設定からやり直しといったケースがとても多いです。

今回は、Googleアナリティクス初心者の方向けに、正しいデータを取得するための設定方法を紹介したいと思います。

テスト環境のアクセスを集計対象から除外

ある程度の規模のサイトを運営していると、公開用のサーバーだけでなく、開発用やテスト用のサーバも準備し、サイトのコピーが複数のサーバーに存在していることがあります。

この場合にどういった不都合が起きるかというと、テストサーバーにも同じトラッキングIDの解析タグが埋め込まれたページが存在することになるので、テスト環境でページを確認(閲覧)すると、そのログもGoogleアナリティクスに送信され、記録されてしまいます。

テスト環境をチェックしているユーザーは限られているとはいえ、本来のユーザーとは異なるアクセスまで集計されている状態はあまり好ましくありません。
これは解析タグの挿入方法を工夫することで回避する方法もありますが、Googleアナリティクス側の設定で除外することも可能です。

詳しい解説と設定方法はこちら。

Googleanalytics test1GAでアクセスを除外する方法(テスト環境編)

自分や社内からのアクセスを集計対象から除外

テスト環境からのアクセス除外は、サーバーという「データの格納領域」に対する対処でしたが、それと同じような話として社内アクセスの解析をどう取り扱うか、という問題があります。

「社内スタッフもステークホルダーの一員だから、サイトに訪れるお客さんとしてアクセス解析の対象に含む」という考えもありますが、サイトターゲットから除外されている場合は、このアクセスも集計対象に含めるわけにはいきません。
その場合も、Googleアナリティクス側で設定を行う必要があります。

詳しい解説と設定方法はこちら。メリット・デメリットを比較しながら、3つの手法を解説しています。

Googleanalytics exclusionGAでアクセスを除外する3つの方法

コンバージョンの計測設定

Webサイトの効果測定において、最も重要な指標と言えるのがコンバージョンです。

コンバージョンの定義はサイトによって様々ですが、Googleアナリティクスは自動でコンバージョンデータの計測は行ってくれないので、手動で設定しておく必要があります。
これが出来ていないと、どこかのタイミングでサイトの課題分析や効果測定をしようと思っても、不完全なデータで解析することになってしまいます。

こういった事態を避けるために、Googleアナリティクスの導入が完了したら、必ずコンバージョンの計測設定を行っておく必要があります。

詳しい解説と設定方法はこちら。

Googleanalytics conversionGAでコンバージョン計測を設定する3つの方法

以上、Googleアナリティクス導入時に「これだけはやっとかないと後悔する!」設定紹介でした。
GA初心者の方は、ぜひ参考にしてもらえたらと思います!