Blogブログ

ブログ
一覧へ戻る

無料でGoogleアナリティクスのレポートを簡単自動作成!:Googleデータポータルの使い方

Google データポータル(旧データスタジオ)では、Googleアナリティクスと連携してアクセスレポートを簡単に作成できます。

・見やすくわかりやすいアクセスレポート作りたい
・毎月のアクセスレポート作成時間を短縮したい
・無料でアクセスレポートを作成したい

といったWeb担当者の方におすすめのツールです。

また、社内でGoogle Analyticsをよく知らない人に現状共有や説明をする時も、Google Analyticsにログインしてそのまま色々な箇所をクリックしていき、データをバラバラとみてもらうよりも、このようなレポートだと必要なデータを視覚的にわかりやすく見せることができ、より理解してもらう事ができます。

Googleデータポータルで作成できるレポート

Googleデータポータルでは、下記のように自由なレイアウトで視覚的に見やすいレポートを作成できます。

Googleアナリティクス以外にも、サーチコンソールやエクセルファイルなど様々なデータを追加することが可能です。

一度レポートを作成すると、期間指定をするだけで最新のデータに更新され、URLを送付して共有したり、PDF化して印刷することも可能です。


データポータルでのレポートの作り方

今回は1で紹介したレポートの作成手順を紹介します。

2-1:データポータルログイン方法

下記にアクセスし、右上の「無料で利用する」をクリックします。

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/data-studio/

2-2:レポートの新規作成

Googleアカウントを持っている場合、下記の画面が表示されます。「空のレポート」をクリックします。

右下の「新しいデータソースを作成」をクリックします。

Googleアナリティクス」を選択します。

使用したいGoogleアナリティクスのアカウント・プロパティ・ビューを選択し、右上の「接続」を押します。

下記の画面が表示されたら、右上の「レポートに追加」を押すと、レポートの編集画面が立ち上がります。

2-3:日別のユーザー数とCV数のグラフ作成方法

「レポートに追加」を押すと、下記のような編集画面が立ち上がります。
赤枠内のように不要なレポートが表示されている場合は、クリックして選択して削除します。

今回はユーザー数を棒グラフ、CV数を線グラフで作成します。
メニューよりグラフを追加→「折れ線」→「複合グラフ」を選択します。

下記の画面に切り替わったら、マウスをドラッグして横長の長方形を書きます。

下記のようなグラフが作成されます。

右側のデータより、ディメンションの「メディア」をクリックして「日付」に変更します。

次に、その下の指標の「ページビュー」をクリックして、「ユーザー」を選択します。

その下の「セッション」をクリックして、コンバージョン設定している指標を選択します。eコマース設定をしている場合は「トランザクション」

コンバージョン設定をしている場合は、コンバージョン数のカテゴリにある、ご自身のGoogleアナリティクスで設定している「コンバージョンの名称+Abandoned Funnels」と書かれているものを選択します。

※コンバージョン名称は、Googleアナリティクスで登録した名称です。「お問い合わせ完了」や「購入」などの名称で設定されていることが多いです。

このままですとユーザー数が多い順に左から並んでいるので、日付順になるように並び替えます。
並び替えの項目の「ユーザー」をクリックします。

「日付」をクリックします。

その下の「降順」をクリックします。

「昇順」をクリックすると、左から日付順に並ぶようになります。

次に、グラフを整えます。
右側のメニューにある「スタイル」を選択し、系列番号1は「棒」を選択します。

系列番号2は「折れ線」、軸は「右側」を選択します。この画面でグラフの線の色を変えることもできます。

以上で日別のユーザー数とCV数のグラフは完成です。

2-4:基本指標と昨年対比

次に、1か月間の基本指標と、昨年対比を表示するようにします。
「グラフを追加」→「スコアカード」を選択します。

データを表示したい場所でクリックすると、ページビュー数が表示されます。
右側のデータの「ページビュー」をクリックします。

「ユーザー」をクリックすると、ユーザー数が表示されるようになります。

比較期間を指定します。「なし」をクリックします。

カレンダーが立ち上がります。右上の「なし」をクリックします。

「前年」をクリックして「適用」を押すと、ユーザー数の下に昨年対比のパーセンテージが表示されます。

同じように、「セッション」「ページビュー」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」「コンバージョン数」(※コンバージョンは先ほど同様に自身のGoogleアナリティクスで設定している名前の項目)を追加すると、下記のようになります。

図形で見出しを作成して、レポートを見やすくすることもできます。「挿入」→「長方形」を選択し、任意の場所に図形をドラッグして書きます。

図形を配置後、右側で塗りつぶしの色や枠線の色も選択可能です。

「挿入」→「テキスト」でテキストを挿入することもできますので、見出しなどを配置して見やすくすることができます。

2-5:閲覧デバイス割合の円グラフ、セッション数や直帰率の表作成方法

次に、円グラフの作成方法です。
「グラフを選択」→「円グラフ」を押します。

右側の「メディア」をクリックします。

「デバイスカテゴリ」を選択すると、デバイス毎の割合のグラフが完成します。

次に、セッション数や直帰率の表を作成します。「挿入」→「表」を選択します。

ディメンションの「メディア」をクリックします。

「デバイスカテゴリ」を選択してクリックします。その次に、指標の「ページビュー数」を選択して、「セッション」をクリックします。
「指標を追加」を押して「直帰率」や「平均セッション時間」なども追加します。

表を見やすく整えます。赤枠部分の鉛筆マークをクリックすると、見出しのテキストを変更できます。

鉛筆マークをクリック後、下記の赤枠内に任意のテキストを入力します。

以上でデバイス毎の割合円グラフ、セッション数や直帰率の表は完成です。

データポータルで自由に日付を選択できるようにする方法

最後に、作成した表やグラフの期間指定を一括でできるようにします。
「挿入」の下の方にある「期間」をクリックします。

レポートの右上のほうにクリックして配置します。「期間を選択」をクリックします。

カレンダーが表示されるため、期間を選択して「適用」を押します。
すると、すべてのレポートの数値が指定した期間のものに更新されます。

完成したレポートは下記になります。

基本のレポート作成方法は以上です。

一度レポートこのひな形を作成しておくと、月初に期間指定するだけでレポートを作成できるので、業務の効率改善にも大きく役立ちます。

ここで紹介した以外の指標もレポートにすることができるので、毎月レポートしている内容に合わせてカスタマイズしてみてください。

ーーーーーーー

当社ではデータポータルのレポートのテンプレート作成も可能です。

そして、レポートを作成した後は作ったら終わりではなく、“今どのような課題があるのか?”“どのように改善していくかべき?”が、重要になっていきます。

サーチコンソールのデータや売上データなどと連携させたい場合や、レポートを作成したものの、どう活用していいか分からない方もお気軽にアリウープにご相談ください。