驚きと感動のスーパープレイを驚きと感動のスーパープレイを
ALLEYOOP DAYS
2017.11.24

大阪オフィス”肉メシコミ”にニューフェイス原さん登場!

こんにちは。広報村田です。


はい。こちらは村田ではありませんね。

初登場、はちきれんばかりの笑顔のメンバーは、この春入社してくれた、大阪オフィス勤務のディレクター原さんです!
何かと面白い人材なので、今後社員紹介ページで詳しくご紹介できたらと思います。

もっと早くにブログに登場してほしかったのですが、中々タイミングがあわず諦めかけていたところ、“肉メシコミ”開催が決定したので、そちらで原さんを追う事に。
★メシコミとは⇒過去記事はコチラ

というわけで今回は大阪オフィスのメシコミ&原さんの様子をお届けします。

とにかく肉好きの大阪メンバー

大阪オフィスはとにかく “肉” 好きが多いので、何か食べに行く時はいつも肉関連のお店チョイスになっています。
今回は豪快な肉が思う存分食べられるというシュラスコのお店『バルバッコア』さんに行くことに。

ここで、原さんのミニ情報ですが、
食べることが大好きな彼は自他共に認める大食い。

戦歴は
・トンカツ一枚で白米3合
・ラーメン替え玉8杯(最後の方スープはどうなってるのか気になりますね)
だそうです。

本当なのでしょうか。早く食べっぷりをこの目で確かめたいです。

いざ、シュラスコを食す

バルバッコアに行った方はわかると思いますが、基本的な流れは、

1:サラダやちょっとした揚げ物なども食べ放題なので、まず皆でサラダバーを楽しむ
2:テーブルにはカラーチップが置かれており、緑色なら『お肉どんどん持ってきて』赤色なら『お肉STOPしてください』という合図で使用。緑にして食べ放題スタート
3:店員さんが色々な肉の部位を程よい厚さにカットしてくれ、テーブル毎にサーブ
4:満足いくまで好きなだけお肉やサラダバーを食べまくる


なのですが、
原さんは違いました。

サラダバーは見えていなかったのか、お米のみゲット後、1の工程をすっ飛ばして、すぐに肉を欲したようで店員さんに「すみません、もうお肉持ってきてください~!」と声がけ。
※私たちは「お肉の前に野菜を胃に入れた方がいいのではないか?」などと言いましたが、野菜を胃に入れることはありませんでした。

しかし、原さんがお肉に食らいつきたくなる気持ちはとてもわかります。
焼きたてのお肉を目の前でサーブしてくれるのですから、お野菜よりお肉にそそられてしまいますよね。
因みに、ここのお肉はどの部位もおいしいのですが、全員に人気があったのはイチボでした。

さて、こちらが通常の肉の切り分けサイズなのですが、

原さんはちょっとずつ食べるのが面倒くさくなったようで、
「もう、カットせずにひと塊ください」と申し出。


(1塊ください の瞬間)

横にいる臼井氏も「え?何言ってるの?この男本気?」という目で見ていますね。
私も同感です。
「シュラスコの醍醐味全無視?」と言いたいところはグッとこらえます。

ただ、今回広報ブログに原さんの事を書くよと事前に伝えていたので、私のせいかもと思い「無理してない?大丈夫なの?」と小声で確認すると、
満面の笑みで「僕は、胃袋の擬人化です!」と意味不明なことを言っていたので、きっと大丈夫なのでしょう。

時間がたつにつれ、みんな肉から離れて、食後のスイーツに移行している中、原さんは店員さんからも、「もっとイケルでしょ?!」と煽られ、「OK!イケル」と永遠にイチボを食べ続けていました。


(もう目で合図するだけでわかりあえる仲に)

 

謎のスープ男

しかし、その横で私は気になることがありました。

おわかりいただけるでしょうか・・・
手前の一塊肉の横で、スープを飲む男性。


いつ見てもスープを飲んでいるのです。

こちらのスープ男・・・いや、臼井さんは、お店に入るまでは「原さんには負けないから!勝負しよう!」と言っていましたが、まずサラダを取って肉を数枚食べた後、ずっとスープを飲み続けていました。(噂によると私より食べていなかったそう)
途中、サラダバーの方に行ったので、何食べるのかな?と観察していましたが、何も取らずに席に帰ってきました。店内をお散歩していたのでしょうか。

その後、お皿を新しいものに取り換え、「よし。本気出すわ」と腕をまくったのですが、肉は1枚も食べず、焼きパインばかり食べていました。


(本気出した結果はこちら)

臼井さんは忙しい中、何故肉メインのシュラスコに来てくれたのでしょうか・・・。
謎が深まりますが、スープとパインでとても満足そうだったのでとりあえず安心しました。

◆◆
原さんのおかげ(?)で最後までカラーチップが赤色になることなく、あっという間に制限時間となり、今日はお開きに。
豪快な食べっぷりを間近で見ることができて、感動しました。
まだまだ、引き出しがたくさんありそうな原さん。面白そうな彼の情報を掴んだらまたこちらでご紹介できたらと思います!

あと、関西でオススメお肉のお店をご存知の方、是非教えてください。
次回のメシコミで原さんを連れて行きます!(お店のお肉を食べつくす可能性がありますがご了承ください)

(左から、藤永・村田・原・臼井・舩田)