驚きと感動のスーパープレイを驚きと感動のスーパープレイを
KNOWLEDGE
2012.05.21

Googleアナリティクスでアクセスを除外する方法(アドオン編)

Googleアナリティクスで、自分や社内からのアクセスを収集させない方法の解説です。

その手法はいくつかあるのですが、今回はブラウザにインストールするアドオンを使ってアクセスを除外します。

Googleanalytics optout1

Google アナリティクス オプトアウト

アドオンとは、ブラウザなどのアプリケーションに、標準では備えていない機能を後から追加するためのソフトウェアのこと。プラグインや拡張機能といった名称で呼ばれたりもします。

今回紹介するアドオンは、Googleが提供している「Google アナリティクス オプトアウト」。これを普段利用するブラウザにインストールしておけば、どのページを閲覧していてもGoogleアナリティクスにアクセス情報が送信されることがありません。

インストール方法も非常に簡単で、

Google アナリティクス オプトアウト

Googleanalytics optout2

こちらのページの右上にある「Google アナリティクス オプトアウト アドオン(ベータ版)のダウンロード」ボタンをクリックし、画面の案内に従って規約に同意→インストールへと進むだけ。一部ブラウザはインストール後に再起動を行い、設定完了となります。

ちなみに、対応ブラウザは、Chrome、Firefox、IE、Safari、Operaの主要5ブラウザをカバー。Chrome以外の他社製品にもアドオンを用意してくれているのがありがたいです。

アドオンを使用したアクセス除外のメリットとデメリット

アドオンを使用したアクセス除外は、簡単かつ確実に適用できるのでかなりオススメですが、それでもメリット・デメリットが存在するので、特性をよく見極めて適用を検討してもらえたらと思います。

メリット

・導入&設定方法がカンタン
・アドオンの設定をONにさえしておけば、100%確実にアクセスを除外できる
・Googleアナリティクス側での設定が不要

デメリット

・アドオンはPC用にしか提供されていないので、モバイルからのアクセスが除外できない
・特定サイトのアクセスだけ除外するといった運用ができない
・ブラウザ一つ一つにインストールしないといけないので、大人数のアクセス除外には不向き

個人的には、自分のようにいくつもの企業サイトのアクセス解析を担当している人や、個人でブログなどを運営している人、社内で使用するブラウザやアドオンの管理が徹底できる小規模組織での導入に向いている方法かな、と思います。