驚きと感動のスーパープレイを驚きと感動のスーパープレイを

ALLEYOOP

お客様の声/ voice

お客様の声/ voice

増加する海外からの旅行者に向けて多言語で情報を発信

ー御社の事業内容、Webサイトの役割ついて教えてください

滑川:現在、ソラーレでは国内53ヵ所、国外1ヵ所、計54ヵ所のホテル運営と、ホテルレストランや婚礼、大浴場・スパ等の運営をしております。Webサイトからのホテル予約受付は年々増えていますが、予約機能の側面だけではなく、Webサイトは数あるホテルの中から我々のホテルを選んでいただくための「会社の顔」としての役割を果たしています。

―インバウンド需要も増えていますか?

滑川:増加傾向です。海外からのお客様に対して、特に接客トレーニングに注力しています。言語の学習の他、2016年はその国の文化を一緒に学ぶことを始めます。お客様の文化を知ることで本当に喜ばれるサービスを提供していけると考えています。また、ホテルフロントで実際の通訳者を介した会話ができるiPadを使ったサービスも導入しました。Webサイトの多言語対応もおこない、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語の5言語の展開です。Webサイト全体は約5,000ページになります。教育と情報サービス強化がインバウンド需要を支える両輪です。

―サイト運用で大切にされていることを教えてください。

滑川:Webサイトは全ての要素が詰まった対外告知ツールです。社内視点の独りよがりな内容にならないよう、お客様がどう捉えるかを第一に、言葉の使い方や言い回しなど検証しながら運用しています。また、運営ホテル数が多く、地域も広域なため、現場 (各ホテル)からの緊急依頼に対してプライオリティをつけて重要度の高いことから対応する点も大切です。そのあたりの使命感も御社と共有できているので、とても心強く感じています。

ソラーレWebサイト全般の統括を担当する滑川様

ソラーレWebサイト全般の統括を担当する滑川様

弊社スタッフと対談していただきました。 河崎翔太(左):ディレクター 前岡友輔(左から2番目):プロデューサー 星さくら(右):インタビュアー(広報担当)

弊社スタッフと対談していただきました。
河崎翔太(左):ディレクター
前岡友輔(左から2番目):プロデューサー
星さくら(右):インタビュアー(広報担当)

一を言えば十わかって応じてくれる

ー最初の印象はどうでしたか?

滑川:最初にいらっしゃったのが前岡さんで、印象としては、「この人笑うのかなぁ?」と思ったんですよ (笑)。

前岡:ホテル業界は経験がなく未知の領域でした。365日24時間体制で営業する業態ですので、こちらも重責を感じて緊張していました。

滑川:実際にお仕事をしてみて、細かなフォローアップなど丁寧な仕事をする方だと感じました。社内で気が付なかったところに気付いて的確な指摘をくれたり。いい意味で“重箱の隅をつつく”なぁ、と (笑) 。一を聞いて十を知るとはまさにこのことです。全体を広範囲で見ていて、一つ言えば全てに対応する反応のよさは他にないと思いました。

前岡:ありがとうございます。サイトの多言語対応の時は期間も短かったため、効率よく進められるように気を遣いました。

滑川:しっかり対応してくれて本当に助かりました。

滑川様

次に依頼をするならアリウープと考えていました

ー最初のお取引完了後、ブランクを経て再び弊社を選んでいただいた理由はなんでしょう?

滑川:お取引の再開はこちらからの希望です。当時、新たなCMS(Adobe Experience Manager)を導入したいきさつもあり、その特徴的なCMSをわかっていらしたことと、何より前岡さんの仕事スタイルには絶大な信頼をおいていましたので、またお願いすることに決めました。また、前岡さんはホテルの朝食メニュー試食会にも足を運んでくれたことがあります。私どもの理念やサービスに対する理解を深める気持ちがあるからこそ、日々のスムーズな業務進行にも活きるのでしょう。Web業界の人とはいえ、メールや電話だけではない実際のコミュニケーションを重んじているところは素晴らしいと思います。

アリウープスタッフ

ー懸念点などはありませんでしたか?

滑川:当初、御社はスタッフ数もそれほど多くないとお聞きしていたので、業務のレスポンスなど対応の面で大丈夫かなぁ?と(笑)。ところが、結構ボリュームのある業務を投げても難なくこなすし、そして早い、何より早いんですよ!対応が。現在では“全幅の信頼”を置いています。

前岡:ありがとうございます。

河崎:私は半年前からプロジェクトに加わっていますが、信頼関係を今後も維持できるように頑張ります。

滑川:厚い体制で今後もソラーレのWebサイトを引き続きお願いしたいです。あとは無理難題を言い過ぎて御社に三下り半を突き付けられないよう(笑)ぜひよい関係性を保ちたいと思います。

前岡:とんでもないです。こちらこそ宜しくお願いいたします!

アリウープスタッフ

インタビューを終えて

“ホテルの顔”ともいえるWebサイトの運用を一手に担われている滑川様。「常にお客様視点を忘れない」という言葉がとても印象的でした。ご協力いただきありがとうございました!

インタビュー実施日:2015年11月18日
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ 公式サイト
http://www.solarehotels.com/

関連メニューrelated menu