驚きと感動のスーパープレイを驚きと感動のスーパープレイを

ALLEYOOP

お客様の声/ voice

お客様の声/ voice

多様化するWebのニーズに対し、求められるもの

ーお2人の所属する博報堂プロダクツ クロスメディアクリエイティブ部の役割と弊社との関係について聞かせてください。

吉原:博報堂プロダクツはプロモーションのあらゆる領域に取り組む総合制作事業会社です。私たちの所属する部門ではWeb領域をメインに行なっています。

李:御社とは2012年から、パートナー企業として、前岡さん、高橋さんをメインに多くの案件に取り組んでもらっています。

クロスメディアクリエイティブ部門では、スタッフ約100人を統括している李様(左)、吉原様(右)。

ー御社は多くのクライアントを抱えていると思いますが、最近のWeb制作の潮流のようなものはありますか。

吉原:日を追うごとにクライアント各社のデジタル領域に対する要望は高まっており、デバイスや入力装置の進化により、そのアウトプットも多岐に渡ります。企画はもちろん制作実施における難易度が一層高度化しています。

ーそんななか、アリウープが力になれているのはどのあたりでしょうか。

吉原:課題解決の企画提案時や、クライアントの独自ルールに則って実施しなくてはならない際など、知見の豊富な御社に助けていただいています。

李:経験が長いディレクターがいる点は、大きな武器ですよね。ですから、御社にお願いしたい案件のイメージもつきやすいですね。

ー具体的にはどんな案件でしょうか。

李:御社は、Webコンサルティングの知見が豊富なので、全て理解した上でのディレクション、コンサルティングですかね。

弊社スタッフと対談していただきました。
前岡友輔(左):プロデューサー
高橋賢司(右):ディレクター
2人で博報堂プロダクツ様の案件を数多く担当。
星さくら(中央):インタビュアー(広報担当)

重要度が増すコンサルティング案件で、経験値や能力が光る

ーコンサルティングの案件は増えてきていますか。

李:はい。ブランド戦略やデジタル戦略等のクライアント課題に対して、入り方が変わってきている気がします。2,3年前からキャンペーン系の案件が増えてきており、その辺りからコンサルティングの比重が高くなってきています。創業時からコンサルティングをやってきている御社は、そこに対応できる組織づくりをされていますよね。

前岡:ありがとうございます(笑)。たしかにディレクションはもちろん重要ですが、制作以外のところで、一般的には“上流工程”といわれるあたり、アクセス解析などは意識して取り組んでいます。

李:御社は、フロントでの調整スキルやコンサルティングとしての経験値や能力値においては、トップクラスだと僕は思っています。

高橋:僕はディレクターとして、クライアント含めメンバーが円滑に動けるような調整には気を遣っているので、ほめていただいてありがたいです。

李:最近はオウンドメディア(自社所有媒体)の増加に伴い、本当に効果的に運用できているのか、PDCAをうまく回すことができず、課題を解決できないまま、肥大化してしまったため、 “シェイプアップ”の方法を考えるコンサルティングにも需要があります。

吉原:一緒に仕事できる機会は、今後まだまだ増えると思っています。

李様

クライアントや博報堂プロダクツスタッフからの信頼も厚い

ー実際の仕事ぶりで何か感じる点は?

李:一緒に出かける機会も多いのですが、これはクライアントからすごく信頼されているということです。改善すべきところをクライアントと一緒に考えながら、PDCAを回していくことができるスタッフとして信頼が高いと思います。

吉原:社内の制作スタッフと仕事をする場面でも、大人数の制作スタッフをしっかりとディレクションし、着地まで持って行ってくれます。名前は出せませんが、かなり良いサイトに仕上がった案件もあります。前岡さんは、当社の営業担当も信頼しているので、安定感は抜群だと思います。

前岡:やりとりはそこまで多くなかったのですが、御社スタッフの方と一緒に動くので情報共有することは多かったですね。

吉原:私たちの部門には、デザイナーやコピーライターが数多く所属しています。彼らが発案するデジタル領域のアイデアを形にする時に、フィージビリティを共に考え抜いてくれるアリウープさんは心強いパートナーですね。

李:あとは、高橋さんと深く協業した案件。その性質上、予算が先に決まっていて、絶対にその予算内でやりきらないといけなかった案件がありましたね。

高橋:どんどん希望が出てくる難しさはありました。

吉原:やれること、やれないことが制限される環境の中で、より良い方向を追求し、場合によっては多少変更しながらも、しっかりとクライアントにベストな提案ができるのは、本当に頼りになります。

ーでは、最後に恒例の(?)質問なのですが、アリウープを何かに例えると何でしょう。

李:定食屋…ですかね。ハズレがなくて、安心して入れる。あそこに行ったら間違いない!と。
値段も味も丁度いい(笑)。これは結構大事だと思います。求めるものには、いろいろな種類があると思うのですが、御社の総合力とスタッフ間の連携プレーが巧みで、それぞれ得意なところを上手く持ち寄って、一つの味が出来上がっている気がします。

ー生姜焼きを頼んだら、それなりに仕上がった生姜焼きがちゃんとでてくる、ということですかね(笑)。

李:そうですね。あととても重要なポイントとして、御社は“安心できる”というところが大きいと思います。それは、キャパシティも含め、この案件に対して最善を尽くせないと判断したときは、基本的に受けず、断られてしまうこともあります。前岡さんに「忙しい」と言われてしまって、話が進まない時もありますが(笑)。

前岡:体制は強化して行く予定です。最近も将来有望な新人が入りましたので、どんどんお声がけください(笑)。

ーありがとうございました。

インタビューを終えて

大所帯の制作スタッフをまとめるマネージャーとして多忙な日々を送るお2人ですが、快くインタビューに応じていただきました。 多くの制作現場を見てきた言葉には、その分の重みも感じられました。ご協力ありがとうございました!

インタビュー実施日:2015年6月25日
博報堂プロダクツ 公式サイト
http://www.h-products.co.jp/

関連メニューrelated menu