Blogブログ

ブログ
一覧へ戻る

くすり箱

オフィスのファーストエイド

この季節、マスクをしている方が多いですよね。私も通勤電車内ではマスク着用です。

さて、今回は我がオフィスの救急箱のこと。
これまでも絆創膏や消毒薬、包帯などのファーストエイドキットや感染予防のマスク、とそれなりに充実した内容でした。

ただ、Webサイトの制作・コンサルをドメインとした会社ですので、内勤中は殆どのメンバーがPCに向かうか、電話中、打合せ中、と着席の姿勢だったりします。よっぽどのことがないかぎり外傷を伴うような危険な業務もなく、これまで救急箱のお世話になることはなかったのです。
今のところ流血した状態でどうにか会社にたどり着いたよ…とかいうドラマチックなメンバーもおらず残念です。

さてさて、このたびの救急箱リニューアルでは、風邪薬や胃腸薬、頭痛薬など賞味期限がある内服薬まで完備されました。救急箱というより「くすり箱」という感じです。
置きぐすり形式で使った分だけ定期的に業者さんが補充してくれます。
総務のほうから「体調優れないときにはお好きに服用してください」とのお達しがあり、これは嬉しい!とても助かります。

日頃から栄養をたっぷり採ること(だけは)気を付けてますが、季節の変わり目には「ゾクッ」と悪寒を感じることも・・・、そんな時は風邪薬を服用して早めの就寝、翌日には持ち越さないよう努力しています。

福利厚生のなかの健康管理

年に一度の健康診断、このたびの「くすり箱」設置。健康管理面での福利厚生はありがたいです。たった1人の体調不良でも、これがオフィス内に蔓延してしまうと我が社のような少人数体制のところは業務に支障がでるレベルです。。。
そんな危機的状況を回避すべく常備薬を置いたことは、今どき贅沢すぎる気もしますが、シンプルなリスクヘッジでしょう。
どんなに各自が健康に気を付けていても風邪をひくことはありますし、勤務中でも早めの対応ができるのはありがたいです。

総合感冒薬は近いうちお世話になりそう!

たまに食べ過ぎるので胃腸薬にもお世話になるかも知れない!

頭痛と二日酔いは経験したことないけど、もしかしたら今後あるかも知れない!

なんにせよ、心強い限りです。

薬のまえに丈夫なカラダ!

季節の分け目、「立春」あたりに体調を崩しやすいからなんでしょうね。
節分といえば鬼と豆、今年もちゃんと豆まきをしましたが、活気と福々しい気持ちが健康をもたらしてくれるような気がします。
「無病息災」今年も健康に乗り切れるよう願いました。

皆さまも、季節柄ご自愛くださいませ!

おまけ:オニワソト フクワウチ