驚きと感動のスーパープレイを驚きと感動のスーパープレイを
KNOWLEDGE
2019.02.04

サイト多言語化の強い味方“Googleウェブサイト翻訳ツール”がまさかの終了!代替はどのツールが良い?!

Webサイトを簡単に多言語化できる「Google翻訳のウェブサイト翻訳ツール」の新規利用が出来なくなった事をご存知でしょうか?

https://translate.google.com/intl/ja/about/website

“今までの「Google翻訳のウェブサイト翻訳ツール」が埋め込まれたサイトは引き続き使えますが、新規にサイトへ埋め込む事はできません”というお知らせです。
これから導入予定の方もいたと思いますし、私たちも急な発表に驚きました。

Googleウェブサイト翻訳ツールのメリットは、javascriptを挿入するだけで簡単に導入可能できるので、Webサイトを一番簡単に多言語化できることです。(注:URLが変化しないのでSEO(サーチエンジン最適化)はされていないのですが)
…そして、なんといっても“無料”なので気軽に使えるという事が大きなメリットでしたよね!

Googleウェブサイト翻訳ツールに代わるツールを探してみよう

”Googleウェブサイト翻訳ツール”の新規ユーザーへの提供が終了し、“じゃあ今後どのツールを利用すればいいの!?”と悩まれている方も多いのではないでしょうか?

“翻訳ツール”で検索すると沢山のツールが出て来ますが、無料で手軽に使えるのはこちら“ Bing翻訳ウィジェット ”だと思います。


https://www.bing.com/widget/translator/

サイトに飛ぶと、貼り付けコードがありますので、コピーして貼り付けるだけで設置完了です。Webの知識がなくても、とても簡単に導入できそうですよね。もちろん無料です。
しかし、翻訳精度はまだまだ完璧ではなく、ユーザーからのフィードバックで精度が向上する仕組みになっています。
やはり無料のツールだと機械的な翻訳になる為、正確な言い回しが出来ていないことが多く、簡単なブログなどでの利用ではこれで十分ですが、”精度の高い翻訳“”専門性の高い翻訳“を求められる企業のサイトになると、このツールでは不安ですよね。

また、機械翻訳された品質の低いコンテンツを検索エンジンに登録させることは、Googleの品質ガイドラインに抵触し、ペナルティの対象になるリスクがある為、注意が必要になります。


https://support.google.com/webmasters/answer/2721306

せっかく公開した海外向けWebサイトも、ユーザーに見つけてもらえなければ全く意味がないですよね。
では、Googleのペナルティもなく、簡単に導入できるツールはないのでしょうか?

簡単に導入できて、翻訳精度の高いSpokeなら安心!

Spokeは、Webサイト(ホームページ)を英語・中国語をはじめ36言語多言語化できるツールです。
Googleウェブサイト翻訳ツールのようにjavascriptを利用する方式ではなく、URLを入力してダウンロードする簡易版とCMSと連携する2つの導入方法があります。
無料で利用できるGoogleウェブサイト翻訳ツールと同じNeural Machine Translation(ニューラル機械翻訳)を用いた機械翻訳もありますし、費用は掛かりますが、ネイティブ翻訳者による人力翻訳で、24時間翻訳対応・即時公開で、簡単に多言語サイト作成を実現します。
特に、人力翻訳の場合は、厳しいテストに合格したトランスレーターのみが翻訳。前後の文章の流れ・真意・内容を理解し翻訳可能です。

それぞれ特徴がありますので、ページによって使いわけたり、導入予定のWebサイトにあった方法をお選びください。
詳しくはこちら

【低コスト・高精度の多言語サイト構築ツール】
Spoke詳細サイトへ

サイト多言語化のまとめ

ただサイトを“翻訳したら終わり!”“多言語化できたら終わり!”ではなく、それぞれのツールの違いや、メリットデメリットをしっかりと理解し、自社にマッチした翻訳会社やツールの選定をしていきましょう。
サイトの多言語化やグローバル対応にお困りの方は是非私たちにご相談くださいね!